太田釣具店 ブログ

今日の釣果から最新タックル、イベント案内などなど。イチ押し情報満載の当店ブログへようこそ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

八丈島遠征記 1月15~20日

~実釣レポート~
八丈小島 セイズコウ/ワダ階段 尾長,口太~53cm

●毎冬恒例である太田釣具店の八丈島遠征、今年は店長一行より一足先にスタッフKが開戦させて頂きました。
15日~19日間の釣行予定でしたが不運にもANA羽田⇒八丈島が強風のため欠航、2日間空港で足止め状態となり一時は諦めて秋田へ帰還するってとこまで行きましたが1日予定を延ばしもう一日(泣きの一回)だけ様子をみようという事に。
そして見事17日の最終便でいざ八丈島へ飛翔し翌日からの実釣に備えるに到る。
苦難を乗り越え迎えた当日、もともと八丈島もろこやの親父さんから『小島への渡礁はちょっと厳しいかもよ』と前もって伝えられていた為に本島周りのウロウ根、黒崎か地磯の石積での釣りになるのを想定していましたが、八重根港に着くと早々、渡れる磯はかなり限られるがなんとか小島に向かうとの船長の御言葉!
その神言に我々一行のテンションは激高(>Д<)し途中の大時化の船揺れもものともせず迷わず最近好調であるセイズコウへ勇んでGO。
※実のところKは船酔いしゲ○する寸前でした。

P1181493-468.jpg
釣り人/大友 剛さん
ロッド/がまかつ マスターモデル尾長 MH-50
リール/シマノ BB-XテクニウムMg5000D
道 糸/シマノ ファイアブラッド尾長SP 5号
ハリス/サンライン Bストリーム 6号
う き/アウラ V-REX L00
ハ リ/剣華グレX 8,9号

●今回が2度目の八丈島遠征となるAURAテスターの剛くん、九州にも度々遠征したりする好青年で若輩ながらテレビや雑誌にも出ちゃったりするかなりの兵です。
以前Kと一緒した八丈遠征では前日比-2℃の極度の冷水という悪条件に見舞われながらもグループ内で唯一人51cmの尾長グレをシモダテにて手中にした経歴あり。
その時のKは0釣果どころか0バイトとまぁそのくらいの実力差です(TДT)
今回はその剛くんに一矢報いるためKはかなり気合入ってたんですよ^_^

P1181487-468.jpg
釣り人/和田 学さん
ロッド/がまかつ グレスペシャル遠征 2-53
リール/ダイワ トーナメントISO-Z3000LBD
道 糸/サンライン ダイナード 4号
ハリス/サンライン Vハード 6号
う き/グレックス トーナメント観LL-00
ハ リ/がまかつ プロマダイ 8,9号

●今回が初めての八丈島となる和田さん、男鹿磯では言わずと知れた名手ですがこの遠征ではターゲットが尾長グレという事で興味津々といったご様子でしたね^_^
釣行2日目のワダの階段ではサイズ、数共に初日を上回る魚を釣り上げて来られました、水温がいまだ高い為か50弱の口太の釣果が多い形となりましたが強タックルでもチモトから切られる尾長らしき魚を幾度も掛けたみたい。
八丈の魚影の濃さにご満足頂けた様子で私スタッフKも一安心しました(*ο*)

P1181483-468.jpg
釣り人/高桑 透伊さん
ロッド/がまかつ マスターモデル尾長 MH-53
リール/ダイワ インパルト3000LBD
道 糸/サンライン オシャレ 4号
ハリス/東レ スーパーL EX 5号
う き/グレックス マシラL-00
ハ リ/がまかつ プロマダイ 8,9号

●和田さんと同じく急遽、八丈遠征に参加頂いた黒親会の高桑さん。
初日こそエサ取り?の50cm近いイスズミに悩まされましたがその強烈な曳きを存分に楽しまれ二日目には本命の尾長ではないものの50オーバーの口太を見事釣り上げられました(^o^)/
男鹿半島での釣り方と異なる点が多いためお二人とも最初は数伸び悩みましたがコツをつかむと面白いようにメジナを掛けていましたよ^ο^
高桑さんは最後のほう磯際で大型の尾長と思われる魚を掛けましたがやり取りの末惜しくもラインブレイク、やはりチモトから切れていたみたいです。6号のハリスも尾長に呑まれるとその歯で簡単に切れてしまうんですよねぇ...
クロメジナ釣りの難しさとその魅力はここにありといった感じでしょうか^_^

P1181485-468.jpg
釣り人/鈴木 政頼さん
ロッド/がまかつ アテンダー 2.25-53
リール/シマノ BB-XテクニウムMg3000D
道 糸/シマノ FBアクアダイン 5号
ハリス/サンライン トルネードコング 6号
う き/グレックス エコノグレディア ソナー 遠投00
ハ リ/がまかつ プロマダイ 9,10号

●今回の遠征、いつもの男鹿釣行は殆んど御一緒させてもらっている鈴木師匠にもご参加頂きました。
鈴木さんはこれまで八丈島のほか三宅島や五島など各地の遠征経験を数々お持ちで今回の釣行でもいろいろとアドバイスを頂いたんですよ^_^
実際に数では今回トップの釣果を上げられており弟子である私もお鼻が高々い思いであります!
しかしですねぇ掛かった60cm近いサンノジを釣り上げる直前まで『こりゃぁ尾長だ!』と大声で豪語し続け結果それが間違いであったというのはビジュアル的にちょっと不味いんじゃないでしょうかね...(-_-)
注)これはリアルな意見ではなく笑話です。
それにしてもワダ階段で師匠が掛けたレバーブレーキで抑えられないほどのあの怪獣はいったい何だったんでしょうね?強烈に足元への突っこみの後、一瞬にして沖に向けて消えていった暴狂星、あれはいったい...?

P1191501-468.jpg
釣り人/K
ロッド/がまかつ マスターモデル尾長 H-53
リール/シマノ BB-X尾長SP6000D
道 糸/シマノ ファイアブラッド尾長SP 5号
ハリス/サンライン Vハード 6号
う き/グレックス エコノグレディア ソナー 遠投00
ハ リ/がまかつ 真鯛王 9,10号

●私Kの写真も剛くんがしっかり撮っていてくれました。
竿尻を腰にあてる癖がある為、風呂場で気付いたんですが青アザが出来ていました...
これって勲章?
同行した名手の皆さんに負けじと私も精一杯がんばっていたんですよ^_^
一昨年、懸命にお金を貯めてKが購入した『がま磯マスターモデル尾長』同年の遠征で不運にも魂入れに失敗した後、店長(兄ちゃん)に強制的に拉致されそしてそのバージンを奪われたマイロッド...可哀想でしょ?今回はその魂の入れ直しが出来てほんっとよかった~(T_T)

P1181495-468.jpg
●初日18日セイズコウでの釣果です。
キープサイズのメジナが23匹、最大で53cmとまずまずの尾長もあり40弱のメジナは殆んどをリリースするほど皆さん良い釣果に恵まれました。
残念ながら60cmに迫るような大型グレは獲れませんでしたがセイズコウでこれだけの釣果を上げるのはもろこやさん曰く珍しいみたい...現地の方にそんなふうに言われると何だか嬉しくなっちゃいますよね^_^
左上から和田さん、鈴木師匠、高桑さん
左下は大友さん

P1181479-468.jpg
大時化のセイズコウ
この洗濯機の中みたいなサラシの中でタナ1ヒロ程でバンバン喰ってくるんですから八丈小島には底知れないポテンシャルを感じざるを得ませんよね

P1191502-468.jpg
●二日目19日、前日と同じセイズコウとワダ階段の二か所での釣果です。
午前中は昨日と同じでメジナの活性が強く感じられましたが午後からは一転して喰いが渋くなりつけ餌がそのまま残る状態に。
写真の殆んどは午前中の釣果でしたが水温が1℃近く下がったとされる午後でも何かしらの攻略が出来ていれば更に数を伸ばす事が可能だったんではないかと振り返ってしまいます。
しかしながら今回の遠征は最初こそ予定外のトラブルに見舞われはしたものの結果的に予想を大きく上回る好釣果を出す事となり充実した釣行とする事ができました。
もろこやの親父さん、シゲさんいろいろとお世話になりました、お陰様でストレス無くとても楽しく長行遠征を終える事ができました。
ありがとうございますm(__)m
来月は店長御一行がお世話になると思いますのでそちらの方もどうか宜しくお願い致します。そういえば冨木さんKENさん双名手も来月2回戦行くって言ってたなぁ...Kも2回戦行きたいな~
当ブログを見て頂いている皆さま方、『八丈島もろこや』シゲさんのHPを是非ご覧になってみて下さいね、最新の八丈磯の釣果情報が日々更新されておりますし当店の常連さん達もデカい尾長持っていっぱい載っていますよ^_^
また、八丈島へ遠征をしたい!といった方は何でも当店に御相談頂いてもOKですよ、出来る限りはT店長とK共々サポート致します\(^o^)/
スポンサーサイト

| スタッフ実釣レポート | 13:15 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://otatsuriguten.blog6.fc2.com/tb.php/129-630c7989

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT