太田釣具店 ブログ

今日の釣果から最新タックル、イベント案内などなど。イチ押し情報満載の当店ブログへようこそ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

釣果情報 2月6日(日)

実釣レポート
加茂沖磯/古城島 クロダイ~44cm 計2匹 水温8.0℃
P2061538-468.jpg
●今回は八丈島への遠征でもお世話になった剛くんとご一緒させて頂きました。
天候はすこぶる快晴、海も穏やかで最高の釣り日和!出発時刻はKに合わせてもらえるとの事でいつもの様にAM8:00に釣具店を出る。途中謎の腹痛に見舞われてしまい船川のコンビニへピットイン、少し遅れてAM9:00政運丸に乗船という剛くんにはちょっと酷なスロースタート。
加茂港に着いて早々カリスマ船頭の雅哉さんが坂の上から登場し朝と比べかなり凪になったから久~しぶりに低い島にも行けそうとのお言葉を頂き3人で協議のすえ名礁 古城島へと向かう。

P2061562-468.jpg
釣り人/大友 剛さん
ロッド/がまかつ マスターモデル口太 F-50
リール/ダイワ トーナメントISO-Z2500LBD
ライン/サンライン ダイナード 1.75号
ハリス/サンライン Bストリーム 1.5号
う き/アウラ トーナメントTYPEⅡ 3B
ハ リ/がまかつ ひねくれチヌ 3号

●予定通り古城島へ渡礁後しばらくは島の周りに点在する根や狙うポイントなどを剛くんから教えてもらい並行してタックル準備を整えAM9:30と同時に実釣スタート。
竿を出してから1投目?2投目か?壮絶なアワセ音と共に剛くんのロッドが大きく弧を描いているではないか!『クロダイきた~!/剛』なな、何~(;一_一)
釣れるのは喜ばしい事だが早すぎるだろぅ!『お願いだ. . .とりあえずはアイナメであってくれ!/K』などと心に醜い邪念を秘めつつランディングに入ると見事な良型寒クロではありませんか(TДT)いかん!これはマズイ流れだ. . .ふと数年前の八丈遠征で同者に呑まされた苦渋をリアルにKは思い出す。

P2061534-468.jpg
●しかしながら竿を出して早々から時期的に希少な本命を獲るとは. . .
悔しい. . .だがこの男、若くしてテスターになるだけあって何かをモッているようだ。
この先制となる釣果の後、しばらくKには苦悩の時間が続く。

P2061552-468.jpg
●正午、これまで緩やかに動いていた潮が潮見通りに止まってしまった。
すでに釣果を携えている剛くんは何とかKにも釣ってほしいという一身で島の最良ポイントを譲ってくれているのだ『何とかしなければならない. . .』いろいろと自身が持ち得る知識を沖の根際にぶつけタイトに攻め続ける。
するとほんの僅かではあるがエコノダンガンが何か違和感をKの視覚に伝え本能のままにアワセを入れるとドンと来た『根掛かりか?』いや違う!頭を振った. . .奴だ。
後は下手な私をいつもフォローしてくれる無敵の愛竿がまかつG-Ⅳにファイトを任せ満面の笑みで見守る剛くんにランディングを託す。

P2061549-468.jpg
釣り人/K
ロッド/がまかつ インテッサGⅣ 1-53
リール/シマノ BB-XテクニウムFB2500D
ライン/シーガー リアルサスペンド 2号
ハリス/サンライン SVI 1.5号
う き/グレックス エコノダンガンM 3B
ハ リ/がまかつ 層チヌ 3号

●40cmを越える待ち望んだクロダイを無事にランディング。
『剛くん、ありがとさん^_^』太田家の母ちゃんばりの高いテンションで二人はガッチリと握手を交わす。
しばらくはその美しい魚体を存分に眺めながら真冬のクロダイ釣りの魅力と沖磯で釣り上げたという喜びを改めて噛みしめつつ納竿に到る。
いやぁ釣れて本当に良かった!いや、相方に釣らせてもらったと言うべきだろう^_^

P2061532-468.jpg
◆ 加茂沖磯 古城島 ◆
シーズンを通してクロダイ、マダイはもちろん大型の口太メジナが釣れる事でも知られる名礁であり景色も★★★★★。
今回我々は運よく遅い時間からでも上がる事が出来ましたが、シーズン中であれば1番船に乗らないと渡礁できないほど人気があり陸向きのハナレ周辺以外はすべてがポイントとなる一級磯。

P2061565-468.jpg
●帰港後、本日の釣果を雅哉船長に報告し祝福を受ける様子。
時化続きで2か月も男鹿磯ご無沙汰であった剛くんも初釣りでの釣果に大喜び^_^
それにしてもこの時期2人それぞれに本命が釣れたのは上出来でしょう!こういう時って一方に釣果が片寄る事が多いんだよね^_^
船頭さんはもちろん釣行中いろいろサポートしてくれた方々に感謝だね!
スポンサーサイト

| スタッフ実釣レポート | 12:11 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://otatsuriguten.blog6.fc2.com/tb.php/136-9bc76502

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT