太田釣具店 ブログ

今日の釣果から最新タックル、イベント案内などなど。イチ押し情報満載の当店ブログへようこそ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

釣果情報 4月1日(金)

-スタッフ実釣レポート-
早春のフナ釣り ~若美・西部承水路~

●久しぶりとなる今回の釣行は地元釣り師で釣り仲間でもある鎌田誠さんに同行して早春のフナ釣りに行ってきました。
磯釣り-前打ち-渓流-サーフシーバスと何でもこなす鎌田さん、良型のフナが釣れる早春期には毎年この場所へ足を運ばれているとの事で先日も40cm近いサイズを10匹以上釣り上げて来ていたんです、しかもほんの2時間弱の間に釣り上げたとの事で血が騒いでしまったKは教えて頂いたタックルを持参し金魚のフンの様に鎌田さんの後を付いて行くに到ったという訳です。

P3311595-468.jpg
●PM1:00釣り場に着いて仕掛け、誘い方やポイントを鎌田さんから丁寧に教えて頂きすぐに実釣開始!
竿を出して早々流石は先生すぐに本命を捕らえる...その姿を見て魚影の濃さを確信した私は自分なりに竿先とラインに集中し見様見真似で誘いをいれるがなかなか喰ってくれないんです...

P3311585-468.jpg
●十分に立派なサイズだと思いきやまだまだ小物だと鎌田さん。
ここで釣れてくる魚は「半べラ」といってヘラブナとマブナの混合でかなり大きく成長するんですね。
数では敵わずとも型に関してはビギナーラックがあるはずだと孤軍奮闘する私...

P3311583-468a.jpg
●手慣れた動作で手返しの早い鎌田さんにはすぐ2匹目がヒットする。
タックルは磯竿の0.8号にRBリール、仕掛けは道糸1.75号に円錐ウキを固定しシモリ玉を大小8~9個、浮力調整の板オモリにサルカン⇒2本鈎(ハリス0.6号/フナ鈎4号)タナ1ヒロ弱になる様セットし餌は赤虫の房掛けといった感じです。

P3311591-468.jpg
●いまだアタリが無い私に終始好ポイントを譲ってくれているのですがしばらくは鎌田さんの独壇場がつづく...
釣り開始から1時間程して変な風が吹いてきた、そして大きな雨雲が寒風山の方角から近づいて来ているのに気付く、すると『降り出す前に竿をたたむぞ』と鎌田さんの口から未だ釣果の無い私へのサプライズな一言!
短時間の勝負と聞いてはいましたがここまで短いとはまさにサプライズである。

P3311587-468.jpg
●PM2:00すでに納竿済みの鎌田さんから『最後の一投しろ!しっかり足元まで誘いをいれて探った方がいい』と助言を頂く。
ウェーディングしている事もあり正直なところ足元を避けていた私、今まで殆んどを仕掛けが竿先に来る前に回収していた訳ですがベテラン恐るべしです...誘いと同時に足元で喰った!
この日初となる魚を掛けた喜びと久しぶりとなる魚の曳きを十分に堪能してキャッチ&納竿し帰路につく。
一時間という短時間で6匹の釣果(うち会心のK1匹)鎌田さんありがとうございました。身近な場所にこれだけ春を感じながら楽しめるフィールドがある、この事に気付けたのが今回の釣行で私にとって一番の収穫であったようにも思えます。
スポンサーサイト

| スタッフ実釣レポート | 17:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT