太田釣具店 ブログ

今日の釣果から最新タックル、イベント案内などなど。イチ押し情報満載の当店ブログへようこそ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

釣果情報 8月23日(火)

-スタッフ実釣レポート-
『 大雨の中 カリスマ船でオフショアを満喫! 』

マダイ・ワラサ・ヒラメ・カレイ・大アジ・サバ・底物・カツオにマグロ!
カブラとジグがあればなんでも釣れちゃうんです!!
政運丸の大御所3名に御供をさせて頂く事となった今回の釣行、天気が良くない...
雨の予報 どうやらウネリもともなう模様で私自身、船酔いを心配していましたがそこは秘薬アネロンにサポートしてもらい鉄壁!準備は整い心踊らせさぁ出船!


漁場に向かう最中、予定通り雨荒れ模様...南東の強い風でしたがウネリも想像していたより高く釣り難い状況での実釣スタートとなりそうだ。
なれない荒海に緊張気味のKに対し船長もちろん御三方も至って平然としている。
釣具屋に勤務している手前、情けない姿を見せるわけにはいかないと私は再度 気を引き締め直し皆さんに隠れてアネロンを体内に追加投与する。


P8232162-468.jpg
釣り人/国安 優さん
カブラ/シマノ ボトムシップOG135g

カリスマ船長の狙うポイントに到着し早々にフォールを開始。
恐らくファーストフォールだったと思うが船尾で竿を出す国安さんに早くも本命のマダイがヒット!
ランディングするまで「マダイだと思わなかった」と一言...
ショアで毎年大マダイを獲っている国安さん、流石に説得力があります^_^


P8232177-468.jpg
釣り人/舘岡 憲貢さん
カブラ/シマノ ボトムシップBP135g

その後すぐに舘岡さんの「どでしたで~!」の声とともにこの日一番となる良型マダイがヒットする。
独特な大きなストロークで突っこむ本命魚のひきを存分に楽しんでいましたね^_^


P8232168-468.jpg

P8232170-468.jpg
極細ラインと鈎ハズレに注意しながら余裕のネットイン!いやぁ~マダイを手にとる舘岡名手を見ると昨年の御前落し85cmを思い出しますなぁ。
釣り始めから立て続けの大型キープに船内は大盛り上がり!
この調子だと今日はいったい何匹釣れるんだ!?
予想以上の活性の高さに胸が躍り「次は俺だ」と私は無心でリーリングに集中する。


P8232185-468.jpg
釣り人/関 亮さん
カブラ/シマノ炎月TG115gOG、TGベイト120g

今回が私Kと二度目のご同行となった名手 関さん。
終始カブラよりもジグやインチクに反応が良くワラサ、カツオが入れ食い状態で関さんはこの日一番の数を叩出しました^_^
来週 再来週とご一緒させて頂きますのでご指導よろしくお願い致しますm(__)m


P8232171-468.jpg
釣り人/K
カブラ/シマノ 炎月TG115gPG

しばらくツキに見放されていたKにも待望の本命魚がきてくれました!
雅哉船長にも「久しぶりの本命じゃない?」とリアルな激励を頂き感謝感激デス TДT/


先週の時化後、どうやら大量のベイト(小型のイワシ?)が接岸したらしく海の状況が一変したように感じますのでオフショアゲームはこれからが本番でしょう。
今後の皆さんの豊釣に期待してます!私も加茂に通うぞ~(^o^)/


※当然の事ではありますが、乗船時は自身の安全と船長並び周囲の方々のご迷惑とならないようライフジャケットの着用をお願い致します。
ブログ内での写真では確認しずらいですが同行者はウェストライフベルトを着用しております。


P8232182-468.jpg
この日は青物の活性が異常に高く、一面のワラサ、カツオのナブラの他メジマグロが沖で飛び跳ねるというレアな状態に突入。
久しぶりのマダイ釣果に気を良くして鼻歌交じりでカブラを投下しているKに『目の前マグロだ!K君キャストしろ!』とMrカリスマに一喝され、すぐさまロッドを自慢の「がま/ランプーガ&シマノ/ステラ」に持ち替える。
60gのジグをキャストし着水と同時に気付く、んっ!ライトタックルだけど...
P/1.5号-L/4号と心許無いこちらの心中を謀ったかの様にすぐさま強烈なバイトが竿を持つ左腕に伝わりここから激しいファイトに突入する。
明らかにワラサ類とは異質なトルク!自身いままで経験した事のないドラグ音がインターバル無しで鳴り響く。
老いた私の肩はもはや脱臼しそうになり一度は諦めかけもしましたが「もしやこれを獲ったら本日のヒーローとなれるのでは!?」というスケベな思考が頭をよぎりヤル気スイッチが再度入るとともに元々体育会系だったKの眠っていた筋力に火がつく。
ライン、リーダー(フックはがまかつ製にチューニング済だから安心)ともに充分な強度ではなかったものの船長の絶品な話術(鼓舞)とネットワーク、そしてKが信頼する「がまかつロッド」と「シマノのマシン性能」にサポートされながら何とか無事に7㌔クラスをランディングすることが出来ました^_^
結果論=キャスティングタックル...常装備しといてよかった~^_^;
スポンサーサイト

| スタッフ実釣レポート | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT