太田釣具店 ブログ

今日の釣果から最新タックル、イベント案内などなど。イチ押し情報満載の当店ブログへようこそ!!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スタッフ実釣レポート 4月19日(木)

入道崎沖磯 フグラ島 クロダイ ~50cm×7匹 
P4192576-468.jpg
釣り人/菊地 昭悦さん
ロッド/がまかつ インテッサGⅢ 1.25-50
リール/ダイワ トーナメントISO-Z2500LBD
道 糸/サンライン BストリームX 2.5号
ハリス/東レ SLEX 1.5号
う き/グレックス+ マイスタースキル M5B
 鈎 /がまかつ 競技チヌ 3号

P4192567-468.jpg
●フグラ本島にて良型本命の複数釣果。
当日我々と同じく一番船でフグラ島へ渡礁した菊地さん、隣島にいるKは目の前で爆釣を見せつけられる!
私が目視しただけでも8回(うち1バラシ)かけており、帰りにスカリを確認したところ50UP含む計7匹入ってました^_^
~Kより~
否応なしに視界の端に飛び込んでくる鬼アワセとその破音という威圧にスタッフK自分の釣りに全く集中できず...
一部始終みてましたが唯一バラした1匹、あれもデカかったですね*_*;

いいもの見させて頂きました、菊地さん流石ですm(__)m

4/19 スタッフ実釣レポート
『 早春の入道崎でクロダイ釣りを楽しむ 』
P4192552-468.jpg
今回は岩手県からお越し頂いている川原さんと御一緒に早春のクロダイ釣りに行ってきました。
予想を裏切り、例年より早く釣れ始めている入道崎へと足を運び 一級磯であるフグラ島ハナレに渡礁できるほどの好天にも恵まれ 大きな期待を胸に早速実釣を開始する。


P4192556-468.jpg
雲ひとつない青空、早春らしい少しだけ冷たい北風が妙に心地いい。私自身待ちに待った春磯シーズンだ、美しく潮になじむ自分のうきに釘づけになる心踊る時間が続く。
開始してしばらくは小ソイ、タナゴがたまにかかるくらいの基本つけ餌が残る状態が続き 入道磯特有のころころ変わる潮流に若干困惑しながらもAM8:00同行して頂いた川原さんが沈黙を破る。

P4192549-468.jpg
釣り人/川原 司さん
ロッド/がまかつ マスターモデル口太 F-50
リール/ダイワ トーナメントISO-Z2500LBD
道 糸/ダイワ 銀狼 2号
ハリス/東レ SLEX 1.7号
う き/グレックス+ エコノダンガン M3B
 鈎 /がまかつ 競技チヌ 3号

P4192545-468.jpg
良型だ!シーズン初釣りでお互い久しぶりとなる磯上で拝んだ本命に川原氏とKは安堵の表情をうかべ 何より遠方からお越し頂いたお客様のほうが先に釣果をあげてくれた事を私は純粋に喜んだ。だが...
その後、精神的にあれ程まで追い詰められる事になるとはこの時はまだ知る由もない。


P4192569-468.jpg
最初の一匹を釣ってからというもの川原氏はコンスタントに釣果を伸ばし続け3匹目を掛けると同時に私は危機感に包まれ その象徴が背中をつたう。
この流れを何とか変えるべく私は恥をしのんで心の内を同氏にカミングアウトする事にした「川原さん、もしあいだば場所譲ってけねすべが?」と。
Kのお願いに快く場所を譲ってくださる川原氏、なかば強引に譲りうけたポイントに集中力を一層ぶつけアドバイスいただいた通り「喰うタナ」に注意し、まずは1匹それからだ...と自分に言い聞かせながら心を落ち着かせる。

※よろしければ場所譲ってもらえないでしょうか?

P4192558-468.jpg
皆さんの予想通りではあるでしょうが、4匹目を掛けたのは...はい川原氏でした。「場所を変わって流れも変えるなんて世の中そんな甘くないよ」と川原さんが言葉ではなく結果で教えてくれたんだな、と今は素直に思えます。
この時「笑って下さ~い」と撮影するKからは もはや笑顔は消滅。
しかも場所を移ったお陰で右手のフグラ本島にいる菊地氏の動向(爆釣)が否応無しに視界に飛び込む!両者に挟まれた私はそのプレッシャーからか持病の不整脈が悪化、瞳孔が開き顔が歪む。


P4192573-468.jpg
釣り人/K
ロッド/がまかつ インテッサGⅣ 1-53
リール/シマノ BB-XテクニウムFB2500D
道 糸/東レ 銀鱗シグマSP 2号
ハリス/サンライン パワード 1.5号
う き/ソルブレ アズール M5B
 鈎 /がまかつ 掛かりすぎチヌ 2号

小ぶりではあるが最初の1匹を何とか釣上げた私。
神様はいるようでその後、何匹かの本命クロダイをモノにし一矢報いることは出来ましたが序盤にうけた4連発のダメージは思いのほか深く、傷心の回復にはしばらくの時間を要するでしょう...。


P4192583-468.jpg
我々はトータル8匹、鈎ハズレによるバラシ2とふかせ釣りを充分に満喫した。
水温は9.8~11.2℃と安定しており全体的に朝一よりAM10:00頃から本命の活性が上っている様で逆にタナゴや底物といったエサ取りは早い時間に目立ちましたね。この時期は底で喰うというイメージを持っていましたが仕掛けが馴染む前に食い込んだりするシーンもあったりと意外に上層でのアタリも目立ち釣果の半分は口内に鈎掛かりしていました。
例年よりも早くシーズン開幕を迎えた様に感じます!
皆さんもたくさん海に通って『春焼け』しましょうよ^_^
スポンサーサイト

| スタッフ実釣レポート | 10:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT